ワートリTOP>組織別>玉狛第二

空閑遊真(くがゆうま)

空閑遊真(1話)

基本情報

所属年齢星座血液型身長サイドエフェクト初登場
玄界15歳 ?/?生まれ不明不明141cm嘘を見抜く1話

使用トリガー

MAIN
スコーピオン86話
グラスホッパー89話
シールド

SUB
スコーピオン86話
グラスホッパー115話
シールド88話
バッグワーム

(話数なしBBF

設定

C級の白い悪魔(64話)。

幼いころから父親と共にネイバーの世界の世界を渡り歩いたため玄界の文化には疎い(2話)。物心ついた頃から常に戦争の只中に身を置く生活をしている(3話)。

4年前ネイバーの世界での戦争で瀕死の重傷を負ったが、有吾黒トリガー化することで救われた。この際、死にゆく遊真の肉体はトリガーの内部に封印され、それに代わる新しい体がトリオン体で構成された。(20話
有吾からは嘘を見抜くサイドエフェクトも引き継いでいる(20話)。

トリオン体の特徴
・成長する機能はないので11歳の時から変化していない(20話
・封印された体はゆっくりと死に向かっており、肉体が完全に死んだときトリオンの体も消滅する(20話
黒トリガーからトリオンが供給されるため(101話)睡眠が不要(94話
・肉体は戦闘時のトリオン体に比べると耐久力は低いが、修復機能を備える(8巻
・生命維持のために栄養を採る必要があるので食事は必要(13巻


父親黒トリガーから蘇らせることを目的にボーダーへやってきたが、ボーダーにおいても一旦黒トリガーすると元に戻せないことを知り目的を失う([[>ワールドトリガー/]])(20話)。
しかし、父親に似ているところがあるからのボーダー隊員になる誘いを受けチームを組む決心をする(20話)。

ボーダー入隊時の戦闘訓練では最短記録が緑川の4秒だったところを初回0.6秒(33話)、直後の2回目0.4秒(34話)の記録を出している。

ヴィザ戦では「親父に鍛えられた6年間、親父が死んでからの3年間、その全部を合わせても勝てない」と判断するほど格上である相手に対して、戦闘体での敗戦を考慮、換装前のトリオン体での攻撃まで計算に入れて勝ち切った(79話)。
アフトクラトル侵攻においては功績を認められ特級戦功を受けた(83話)。

個人ポイントはB級ランク戦ROUND2終了後で4,817ポイント(93話)。B級ランク戦ROUND4では5,172ポイントまで上げている(112話)。

戦闘スタイル

アタッカー27話)。

スコーピオンをメインに、小さい頃から培った戦闘勘やグラスホッパーを絡めた機動力で接近戦を制する(89話)。
戦い慣れた動きで(風間の目から見てもマスタークラス(8000点)以上の実力があることが判断できる(38話)。ただし、ランク戦を解説した太刀川からは「技の冴えも使い所もいい感じだがまだ軽い」と評された(100話)。

画像

空閑遊真(6話)

Sponsored Link

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2016-09-26 (月) 21:54:04 (693d)