ヒロアカTOP雄英高校

雄英体育祭

日本のビッグイベントの一つ。
「かつてのオリンピックに代わる」位置づけとなっている。
スカウト目的で全国のトップヒーローも見ており、活躍いかんでは雄英高校卒業後はプロ事務所にスカウトされサイドキック入りが定石。
22話

目的

ヒーロー社会に出てからの生存競争をシミュレーションしている。
他を蹴落として活躍する必要もあれば、商売敵と言えど協力する必要のある事案もある。
サイドキックとの連携、他事務所との合同個性訓練。
プロとなれば当たり前の生きる術を行っている。
27話

システム

サポート科・経営科・普通科・ヒーロー科がごった煮になって、学年ごとに各種競技の予選を行い、勝ち抜いた生徒が本選で競う学年別総当たり。
体育祭のリザルトによっては他科からヒーロー科への編入を検討、その逆も然り。
23話

学年毎に異なる教師が主審を務める。
ただし校長は例年3年ステージの主審を務める。
24話

その他ルール

  • サポート科は自分の開発したアイテム・コスチュームに限り装備オッケー(25話
  • 経営科は参加するメリットがないため、売り子や経営戦略などのシミュレーションなどで勘を培う場とする(26話

種目

緑谷出久1年時の種目(24話)。

障害物競走

計11クラスでの総当たりレース。コースはスタジアムの外周約4km。コースさえ守れば何をしたって構わない。
障害物は下記
○ロボ・インフェルノ:入試時の巨大仮想敵を突破する
○ザ・フォール:峡谷での綱渡り
○怒りのアフガン:地雷原(威力は派手だが音と見た目が派手)を突破する

騎馬戦(26話

2~4人のチームを自由に組んで騎馬を作る。
基本は普通の騎馬戦と同じだが、第一種目の結果に応じて参加者にポイントが振り当てられる。
ポイントは下から5ずつ、42位が5ポイント、41位が10ポイント。
ただし、1位には1000万ポイント。

振り分けられたポイントの合計が騎馬のポイントとなり、そのポイント数が表示された「ハチマキ」を装着し、そのハチマキを奪い合う。
取ったハチマキは首から上に巻く。ハチマキを取られても、また騎馬が崩れてもアウトにはならない。
制限時間はチーム決めの交渉タイム15分、試合5分。
[[個性>僕のヒーローアカデミア/]]発動ありだが、悪質な崩し目的での攻撃等は一発退場。
27話

4位までのチームが本選出場(28話)。

レクリエーション(32話

予選・本選とは関係のなく楽しく遊ぶ。

  • 大玉転がし
  • 借り物競争

本選(32話

例年サシで競っている。
前年はスポーツチャンバラ。
本年はトーナメントでの勝負。
相手を場外に落とすか行動不能にする、または「まいった」と言わせると勝ちのガチンコ勝負。
ただし、命にかかわるようなのはアウト。


Sponsored Link

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2016-05-19 (木) 21:56:46 (934d)