ワートリTOP>攻撃手用トリガー

スコーピオン

画像

トリガー形状
スコーピオン(26話)

能力

体のどこからでも出し入れでき、自由に変形できる軽量ブレード(4巻)。
トリオンの調節によってブレードのカタチや長さも変えることができる26話

耐久力が低く受け太刀などで簡単に折れる守りに入ると弱い攻撃専用のトリガー(26話)。 伸ばすほど刃の強度が低下し、全身に纏うとガラス並の脆さになる(7巻)。 ただし体に近い部分に展開させた場合、弧月による攻撃を(ヒビは入ったが)防ぐ描写はある(114話)。

スコーピオンの技

  • モールクロー(もぐら爪)
     地面や壁の中にブレードを通して攻撃(100話)。
  • 脚ブレード
     欠損した脚の代替に、脚の形状にしたスコーピオンを使用。
     機動力も確保できる。(30話
  • ブランチブレード(枝刃)
     体の中で枝分かれさせてブレードが増えたように見せる(100話)。
  • マンティス
     スコーピオンを二本つなげ、変則的な動きで中距離の相手を攻撃する。
     影浦雅人が考案。
     (146話)。

関連情報

軽量級アタッカーのメイン武器やオールラウンダーのサブ武器としてよく使われる(4巻)。
が「弧月じゃ太刀川さんには絶対勝ち越せない」ということで作られたトリガー(27話)。
形状の自由度の高さから空閑遊真はトリオン体の損傷部にスコーピオンでフタをしてトリオン流出を防いだ(143話)。

画像

フタ
スコーピオン(143話).GIF

Sponsored Link

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2016-06-06 (月) 22:45:46 (918d)